改正フロン法サービス

事業内容一覧

「フロン排出抑制法」への対応はお済みですか?


フロンガスを利用した業務用機器をご利用のユーザー様へ
ユーザー様に対応義務があります。点検・管理行っていますか?


改正フロン法対応サービス(フロン排出抑制法対策について)

2015年改正フロン法施行。猶予期間は過ぎています!

フロン排出抑制法は、施行されてから最初の3年間は猶予期間で罰則がありませんが、
同法は2015年4月に施行されたので、猶予期間は過ぎています。
このフロン点検を行わない会社は法律違反企業として、社名公開・罰金などの罰則が加わってきます。

フロン排出抑制法とは

フロン排出抑制法とは、第一種特定製品(フロンを冷媒として使用する全ての業務用器)に対して、その管理者が 適正にフロンガスの管理(点検)運用を行うことを定めた法律です。7.5kw以上の設備については定期点検に加 え、年に4回の簡易点検を行うことが義務付けられています。7.5kw未満の設備・機器については年に4回の簡 易点検を行うことが義務付けられています。

|点検対象機器事例|

  • ① 業務用エアコン
  • ② 盤クーラー 
  • ③ チラー
  • ④ オイルチラー
  • ⑤ ヒートポンプ給湯器
  • ⑥ 業務用冷凍庫
  • ⑦ 業務用冷蔵庫
  • ⑧ スポットクーラー
  • ⑨ エアードライヤー
  • ⑩ その他

管理者が行わなければならないこと

  • ①管理担当者の選定
  • ②対象機器の機器リスト作成
  • ③点検整備記録簿の作成と保存管理/
  • ④機器の適切な設置と使用環境維持
  • ⑤定期点検と簡易点検の実施
  • ⑥フロン漏えい防止措置、繰り返し充填の禁止
  • ⑦機器廃棄時の工程管理票の保存
  • ⑧機器整備時の冷媒の各種証明書の保存
  • ⑨算定漏えい量の計算と所轄大臣への報告必要有無を判断した計算値の保存

「取組んでいるつもりでも、実はきちんと取組めていなかった。」というケースが大半です。 何かしらのフロン対策は多くの企業様で実施済みです。しかし、実際にお客様の点検機器リストを拝見すると、 空調機器だけ、冷蔵機だけ、特定メーカーの機器だけといった具合で、点検すべき多くの機器が漏れている ケースが散見されます。例えば、スポットクーラーはコンプレッサーにも内蔵されているのですが、リストから 漏れていた、といったケースが多々あります。これでは、罰則が適用されてしまうでしょう。 弊社では、お客様の代わりに上記を実施。お客様は管理担当者様を選定いただくだけで大丈夫です。

エス・エヌ・ジーは、フロンガスの管理適正化に関する業務全般を ユーザー様に行なっている 一般社団法人ENV一般社団法人冷媒総合管理センターの 中部地区正会員です。


お問い合わせフォーム(愛知・岐阜のお客様専用)

会社名 (必須)
担当部署
役職
お名前(必須)
メールアドレス (必須)
TEL (必須)
FAX
郵便番号(必須)
ご住所(市区町村)
丁目、番地
ビル名など
アンケートに
お答えください。
Q.1 管理担当者を選任していますか?  

しているしていない
Q.2 第一種特定製品の管理機器リストの作成をしていますか?

しているしていない
Q.3 点検整備記録簿の作成と保存管理はしていますか?

しているしていない
Q.4 適切な設置と使用環境の維持はしていますか?

しているしていない
Q.5 定期点検と簡易点検の実地はしていますか?

しているしていない
Q.6 漏えい防止措置、繰り返し充填の禁止は遵守されていますか?

しているしていない
Q.7 機器廃棄時の行程管理表の保存はしていますか? 

しているしていない
Q.8 機器整備時の冷媒の各種証明書の保存はしていますか?

しているしていない
Q.9 算定漏えい量の計算と所轄大臣への報告必要有無を判断した計算値の保存はしていますか?

しているしていない
お問い合わせ内容(必須)

※お問い合わせ内容

送信内容確認